ブラックジャックの遊び方

オンラインカジノでもランドカジノでも人気No.1で最もプレイヤーが多いのがブラックジャックではないでしょうか?対戦する相手は必ずディーラーです。1つのテーブルに複数のプレイヤーがいても各々がディーラーと対戦します。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックの遊び方

まずは、テーブルに賭け金(チップ)を置きます。
するとディーラーがプレイヤーには2枚のカードを表向きに、ディーラーには1枚を表向き、もう一枚を裏向きにカードを配ります。

この合計値が「21」に近い方が勝つわけですが、プレイヤーは合計が21以下であればプレイヤーの裁量で何度でもカードをひくことができます。そのかわり、「21」を越えてしまうとバーストとなり、その時点でプレイヤーの負けが確定し賭け金は没収されます。

数の数え方は、「2」〜「10」までは、その数字をそのまま数えます。絵札(Kキング・Qクィーン・Jジャック)はそのままの数字ではなく「10」として計算します。
また、Aエースは「1」としても「11」としてもプレイヤーの都合のいい数として計算することができます。Aエースを「11」として計算する時の手をソフトハンドといいます。

プレイヤーの値が確定すると、ディーラーの値を決めますが、ここには明確なルールがあります。ディーラーは合計値が「16」以下の場合は必ずもう一枚ひかなければならないし、「17」以上の場合はその時点で数が確定し、それ以上カードをひくことはできません。

プレイヤーとディーラーの数を比較し、21に近い方が勝ちです。同じ「21」でもA(エース)と「10」または絵札の場合は「ブラックジャック」となり最も強い手になります。
同じ数だと引き分けです。ディーラーが「21」を超えてバーストすると、プレイヤーはどんな数であろうが勝ちになります。ただし、先にプレイヤーがバーストしていた場合は、その時点で負けが確定していますので、例えディーラーがバーストしても引き分けにはなりません。

ディーラーが勝った場合は、賭け金が没収されます。プレイヤーが勝った場合は賭け金と同額(1倍)を受け取ります。プレイヤーが「ブラックジャック」で勝った場合は賭け金の1.5倍を受け取れます。

ブラックジャックの戦略

プレイヤーの戦略は裁量にまかされているというのがブラックジャックのミソです!

1枚の表向きになっているディーラーのカードと2枚の自分のカードから「ヒット」か「スタンド」か「スプリット」か「ダブルダウン」かの戦略を判断しますが、どの戦略をとるかで勝つ確率に大きく影響するのです。

例えばディーラーと全く同じ「16以下はヒット、17以上はステイ」という戦略をプレイヤーが取った場合のハウスエッジは5.5%といわれています。しかし、ルールに則って、確率的に最適な戦略(ベーシックストラテジー)を選択すればハウスエッジは0.5%以下に激減させることも可能になるのです。

ベーシックストラテジーについては、ブラックジャック攻略法&必勝法で解説しています。ブラックジャックのルールによって若干の違いはあります。

ブラックジャックの用語

ヒット(Hit)
カードをもう1枚要求すること。
ランドカジノでは「Hit」と言うか、テーブルを軽くコンコンと叩くとヒットの合図になります。

スタンド(Stand)
カードがもういらない場合に選択します。
ランドカジノでは「Stand」や「Stay」「No More」と言うか、テーブルの上で手のひらを下に左右に振るとスタンドの合図になります。

スプリット(Split)
最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった時、カードを二つの手札に分割し、分割した各手で別々に勝負することができます。最初の賭け金と同額の賭け金がスプリットされた新しい手にも賭けられます。
ランドカジノでは「Split」と言って、追加のチップをテーブルの上に置けば、スプリットの合図になります。

スプリットしたカードがA(エース)の場合、追加のカードは1枚のみに限定されます。追加されたカードが絵札であっても通常の「21」の扱いでBJ(ブラックジャック)にはなりません。
カジノによっては、スプリットした後にまた同じ数のカードが配られた時、さらにスプリットができるルールを採用してたり、スプリット後のダブルダウンを認めていたり認めていなかったりします。

ダブルダウン(Double Down)
カードが最初に配られた2枚の時点でダブルダウンを宣言すれば、賭け金を倍に増やすことができます。そのかわり必ず1枚だけ追加でカードをひかなくてはなりません。1枚カードをひいた時点でプレイヤーの値は確定されます。
ランドカジノでは「Double」とか「DoubleDown」と言って、追加のチップをテーブルの上に置けばダブルダウンの合図になります。

ダブルダウンも最初の2枚の合計値の条件を問わないルール(最もプレイヤーに有利です)、合計値が「9」「10」「11」の時だけ、「10」「11」の時だけダブルダウンができる等カジノによりルールは様々です。

インシュアランス(Insurance)
ディーラーの1枚の表向きのカードがA(エース)の時にプレイヤーに与えられるオプションです。要するにディーラーがブラックジャックになることに賭けます。最初の賭け金の半額を賭けることができます。
ランドカジノではディーラーが「インシュアランス」って言ってる時にチップをインシュアランスゾーンに置けばインシュアランスに賭けた合図になります。正確に半額がなかったとしても、おつりを戻してくれます。

ディーラーがブラックジャックになれば、インシュアランスに賭けた金額の2倍が払い戻されます。ただ、最初の賭け金は負けて没収されているので、プラマイゼロです。なので、インシュアランス(保険)と呼ばれているわけです。
このインシュアランスのハウスエッジは7.47%とカジノ側にかなり優位です。ベーシックストラテジーではインシュアランスには一切賭けません。

サレンダー(Surerender)
日本語に直訳すると降伏するって意味です。自分の2枚のカードとディーラーの表向きのカードを比べて、こりゃどう考えても勝てないな〜!?って時に、賭け金の半分を支払い勝負の前に降参するって戦略です。
あったほうがプレイヤー側には有利です。

ソフトハンド
A(エース)を「11」と数える時の手のこと。例えばAと「6」なら「ソフト17」、Aと「2」と「3」なら「ソフト16」となる。ベーシックストラテジーを見てもらえばわかるが、ソフト17はいかなる場合もヒット(またはダブルダウン)したほうが確率的には優位になる。
ブラックジャックによってはディーラーは「ソフト17」の時に限って、「17」でももう1枚引かなければならないルールもある。ただし、これはディーラーに優位性のあるルールです。

ハードハンド
Aを「1」と数える時、またはAを含まない手のこと。ハードハンドの「17」は絶対にスタンド。

オンラインカジノについて チップの購入方法と払戻し オンラインカジノのペイアウト率 オンラインカジノのボーナス オンラインカジノの必勝法・攻略法 攻略法をマスターしよう オンラインカジノ一覧