オンラインカジノ攻略 ブラックジャック攻略法&必勝法

ブラックジャックの攻略法である、ベーシックストラテジーとカウンティングについて解説しています。

ブラックジャック ベーシックストラテジー

ブラックジャックの確率に則った基礎攻略法です。海外でランドカジノを楽しむ予定があるなら、これは絶対に覚えるべきです。でないと結果論にもかかわらず、ベーシックストラテジーに則ってプレイせずにディーラーがいい数字になると、「お前のせいだ!」と周りのプレイヤーからブーブー言われます。

ブラックジャックの場合、Hit(もう一枚ひく)かStand(もうひかない)はプレイヤーの裁量にまかされているため、ハウスエッジはプレイヤー次第で変動します。確率的に最もハウスエッジを低く抑える方法がベーシックストラテジーといえるわけです。

ブラックジャックは21に近い方が勝ちます。ディーラーは最初にプレイヤーに二枚のカードを配り、ディーラーには一枚のカードが配られ、それはプレイヤーにもオープンされます。ブラックジャックのルールでプレイヤーはHit(もう一枚ひく)かStand(もうひかない)は裁量にまかされてますが、ディーラーは17以上だと絶対にStandだし、16以下は必ずHitです。そこで、最初に配られた二枚のカードとディーラーのオープンされたカードを比較して、HitかStandかを決めるのです。例えばディーラーのオープンされてるカードが6だとすると、ディーラーは21以上になって、ドボン(バースト)する確率が高いのでプレイヤーは12でもStandします。反対にディーラーのカードが1とか10とかのいいカードだと、20とか21のいい数字になる確率が高いのでプレイヤーは16でもHitします。

ベーシックストラテジーでは基本的に見えてないカードは10であると考えます。

ディーラーのオープンされたカードが6であるなら、次にくるカードを10であると考えると16になります。ブラックジャックのルールでディーラーは16以下は必ずHitしなければならないので、次の次のカードでは6以上の数字であれば何がきてもドボン(バースト)になります。それを見越してプレイヤーサイドは配られた2枚のカードの合計が例え12でもStandするのです。

反対にディーラーのオープンされたカードが7からAの場合は、次のカードで17〜21が成立してしまう確立が高いので、プレイヤーサイドは例え16でもHitします。

カジノによって、ダブル(掛け金を倍に増やせるけど、もう一枚しかHITできない)やサレンダー(負けを認めるかわりに賭け金の半分を返してもらう)に若干のルールの違いはあるけど、ベーシックストラテジーは次のように決められてます。
以下の表がベーシックストラテジーです。
H=Hit(もう一枚カードをひきます)
S=Stand(もうカードをひかない)
D=ダブルダウン(掛け金を倍に増やせるけど、追加で一枚だけしかHitできない)
D1=ダブルダウン不可の場合はHit
D2=ダブルダウン不可の場合はStand
SP=スプリット(二枚同じカードがきた時、賭金を追加して、一枚のカードが二箇所にあるとすること)
HR=基本はHIT、サレンダーが認められている時はサレンダー
また、インシュアランス(ディーラーのオープンカードが1だった時、ブラックジャックになると賭ける方法)は確率的に悪いのでしません。

参考:各オンラインカジノのルールの違いによるベーシックストラテジーを知りたい方は、BlackjackInfo.comにどうぞ!英語のサイトですが、ルールを入力すると(簡単です)、そのルールでのベーシックストラテジーとハウスエッジが表示されます。

ディーラーのカード
自分のカード 2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
〜8 H H H H H H H H H H
9 H D D D D H H H H H
10 D D D D D D D D H H
11 D D D D D D D D D H
12 H H S S S H H H H H
13 S S S S S H H H H H
14 S S S S S H H H H H
15 S S S S S H H H HR H
16 S S S S S H H HR HR HR
17〜21 S S S S S S S S S S
A,2 H H H D1 D1 H H H H H
A,3 H H H D1 D1 H H H H H
A,4 H H D1 D1 D1 H H H H H
A,5 H H D1 D1 D1 H H H H H
A,6 H D1 D1 D1 D1 H H H H H
A,7 S D2 D2 D2 D2 S S H H H
A,8 S S S S S S S S S S
A,9 S S S S S S S S S S
A,A SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
2,2 SP SP SP SP SP SP H H H H
3,3 SP SP SP SP SP SP H H H H
4,4 H H H SP SP H H H H H
5,5 D D D D D D D D H H
6,6 SP SP SP SP SP H H H H H
7,7 SP SP SP SP SP SP H H H H
8,8 SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
9,9 SP SP SP SP SP S SP SP S S
10,10 S S S S S S S S S S

ブラックジャック カウンティング

ブラックジャックの攻略法で、確率を高める効果的な方法で、効果は絶大です。なにしろ、カジノ側のハウスエッジをマイナスにできるという破壊力です!
スズメはオーストラリアにいる時、トライしようとしましたが、ついていけませんでした・・・
今はいいな〜。オンラインカジノの無料版で練習できて・・・

ただし、カウンティングはオンラインカジノでは効果がありません。なぜならゲームのたびにシャッフルされるからです。あくまでランドカジノのための練習と考えましょう。カウンティングはカジノ側にばれるとリバースカウント等それなりの対策をされるカジノもあるそうです。逆に考えるとそれだけ効果の高い攻略法であるといえます。

カウンティングの方法は簡単です。シャッフルした時を0として、以降カードが出る毎に計算し続けるだけです。でも集中力を保ち、計算を続けるのは難しい・・・
計算方法は出たカードが
Ace および 10や絵札ならば、1枚につき −1
7、8、9 ならばカウントナシ
2、3、4、5、6 は +1
それらをプレーの最中に刻々と合計していくという手法です。

カウント値が0より大きければ10(絵札も含む)、Aカードが出る確率が高くプレイヤー有利と考え、賭金を増やします。反対にカウント値が0より小さければプレイヤー不利と考え、賭金を減らします。

10やAが出る確率が高くてもそれはディーラーにも同じ事がいえるので、一概にプレイヤーが有利と言えないのでは?という疑問があるかと思います。
しかし、Aが山の中に多い場合、確かにブラックジャックになる確率はプレイヤーもディーラーも同じですが、プレイヤー側だけが、ブラックジャックを完成させると賭金の1.5倍が貰えるので明らかにプレイヤー側が有利になります。

また10(絵札)が山に多く残されている場合でも、同様にブラックジャックが完成する確率も高くなるし、ダブルダウンがきまる確立も高くなります。かたやディーラーサイドは16以下だと必ずHitしなければならないのでドボンになる確率が高くなります。このような理由からカウント値が0より大きい場合はプレイヤー側が有利と考えられるのです。

逆に2〜6の数字が山の中に多い場合、プレイヤー側はダブルダウンがきまり難くなります。ディーラーサイドはドボンになり難くなるので、カウント値が0より小さい場合はプレイヤー側が不利と考えられるのです。

オンラインカジノについて チップの購入方法と払戻し オンラインカジノのペイアウト率 オンラインカジノのボーナス オンラインカジノの必勝法・攻略法 攻略法をマスターしよう オンラインカジノ一覧